Posts in Category: プロレス

結婚6周年


2022年になった。そして今日はイッテンヨン。新日本プロレスのイッテンヨンの大会の日であり、夫と私の結婚記念日でもあります。1年前の夫は相当辛かったのと思う。早く元気になって私と一緒にプロレス観に行かないとってブログに書いていた時期。年明けから暗いことは言いたくないんだけど、今の気持ちを残すために書くよ。命日が近づくにつれ当時のことを思い出しては辛くなるのよ。気持ちが重たくなるのよ。泣いちゃうのよ。実際に辛かったのは夫自身だったんだけどね。家も片付かなくて片付けが下手くそでそんなにご飯も作れなくて夫はあの世からどう思ってるのかな。もっと頑張らないといけないよなぁ。今年もよろしくお願いします。

プロレスは愛と勇気と元気


新日本プロレスG1決勝戦をネット中継で観ました。新日本プロレス箱推しですが、中でも大好きな飯伏さんがG1を3連覇するかもしれない大事な試合。いや、するでしょ!と願う私。対戦相手はオカダさん。これは観ないと!と思いタブレットでチラチラ観ながら応援しました。いい試合をしてました。いい試合してたのよ。飯伏さんのケブラーダ美しく素晴らしかった。ロープの真ん中からあんなの飛べないわ。そしてコーナーから大技フェニックススプラッシュをしてオカダさんにかわされました。飯伏さんは肩か腕を痛そうにしていて動けなくなってしまって一時騒然。もう私心配。レフリーストップでオカダさんが優勝しました。が、オカダさんも飯伏さんの姿を見ながら呆然。動けない飯伏さんの側でリングドクターやトレーナーが処置をして、オカダさんの指示でヤングライオン達も集ってきました。そして解説席にいた鷹木さんも立ち上がりリングサイドで見守っていました。鷹木さん解説の時も飯伏さん応援してるように見えたもんな(笑)。飯伏さんの痛そうな姿に悔しい思いもあっただろうと思うとね、ちょっと涙。処置中脚をバタバタしているところだけで飯伏さんの表情はヤングライオンで見えませんでした。そういうのは見せなくていい、オカダさんはそういう意味で指示を出したのかななんて思えました。オカダさんは飯伏さんの脚を押さえたり心配そうに見守っていました。そして謝る飯伏さんの手を取り背中をたたき、言葉を交わしていました。この一部始終を観てオカダさんや鷹木さんによる気遣い、というかねもう愛を感じちゃったのよ。オカダさんは鷹木さんが持ってるベルトに挑戦してベルトを持って飯伏さんを待って闘いたいと言っていたし。飯伏さん無理せず早く良くなりますように。少し前に誤嚥性肺炎で休んでいたのにG1をここまで闘ってきたことも本来ならすごいことなんだと思うんだけどね。飯伏さんまたリングで元気な姿を見せてね。待ってるよ、それまで私も頑張るよってなるよね。夫がこの試合を観ていたらなんて言ったかなぁ。なんつーか、なかなか理解してもらえないしおかしなこと言ってるように思われるかもしれないけどプロレスって愛と勇気と元気をもらえる素晴らしいものなのよ。だからレスラーってかっこいいんだよね。写真は昔のものを使ってます。飯伏さんかっちょいい。

推しのグッズを買いに行く


本日私の推しの新日本プロレスのグッズが発売だったので午前中は夫に娘を見てもらい買いに行きました。11時オープンのところ到着したのは9時50分頃。ちらほらグッズを買いに来ているであろう人がいました。お店の前で待っていたら店員さんが「10時25分に整理券を配布します。前回はオープン前に大勢の人が集まって警察が来てしまったのでそれまでは別の場所で待っていて下さい」とのこと。とりあえず整理券さえ入手できればこちらは安心なわけで。少し離れた場所で待っていたら続々と人がやってきました。隣にいた女性に話かけてプロレスネタで盛り上がりました。こういう時はちょっと積極的に話しかける私です。そろそろ整理券配布、となってお店の前に行くと数名のスタッフさんが出てきました。その一人が私の近くに立ってすぐに整理券を受け取ることができました。隣にいた女性も無事に整理券を受け取り、近くのカフェで束の間のプロレス談義。11時オープンと同時に入店することが出来ました。近くにいたスタッフさんに「もし欲しいものがなかったらスタッフに声をかけてもらえば出してもらえますからね」と親切に声をかけて下さりました。無事に欲しいものをゲットすることができました。11時頃に配られていた整理券は14時15分入店となっていました。一緒に入店した女性と駅まで話しながら帰りました。連絡先を聞くのもあれかなぁと思い聞けずにさよならしました。いつか会場で会えるといいなぁ。

なんかいいね


これは2018年10月8日国技館で試合の時の写真。飯伏さんとケニーさんとCodyさんのIWGPヘビー級選手権試合3WAYマッチでした。ケニーさんが飯伏さんに片翼の天使で勝利した後のこの二人。ぐったりしている飯伏さんにケニーさんが顔を近づけて何か話している様子。そしてレッドシューズ海野レフェリーのこの顔。なんかいいね。プロレスっていいね。飯伏さん、IWGPヘビー級王座になるの待ってるからね。ケニーさんもまた日本で試合をしてくれるといいな。DDTの遠藤さんがケニーさんと試合をしたいって言ってたけどやるのかな。夜更かししちゃったけどこういうことを考えて楽しみだなぁって寝るのが幸せだわ。

ヤングライオンの凱旋帰国


新日本プロレスのヤングライオン(デビューして2~3年目の若手選手)はある時期になると約2~3年海外へ武者修行をします。ヤングライオン時代は黒タイツに黒シューズ、プロレス技も大体決まっていますが、帰国すると全く違うコスチュームで現れます。体も大きくなって新しい技も出てきて個性が大爆発します。私が新日本プロレスを観戦し始めた時のヤングライオンはSHO選手とYOH選手でした。全力で試合をするも先輩達にやられてしまう姿、必死でセコンド業務をする姿を見て「頑張れ、頑張れ!」と応援していました。きっとそうやって応援していた人は多いはず。そんな二人が武者修行へ行き、凱旋帰国した両国国技館。もう叫んじゃったよね、嬉しくって。これからどんな新しい姿を魅せてくれるのか楽しみで。ある意味ここからが始まりだったりするのかな。そしてそろそろ誰か帰ってきそうな映像を見ました。川人選手かなぁ。ヤングライオンがどんな凱旋帰国をするか、それもまた私の中でプロレスを楽しませてくれるんですよね。写真は凱旋帰国の両国じゃないけどSHO選手とYOH選手です。あープロレス好き好き大好き。

プロレスが始まる


新日本プロレスが6月15日から興行を再開することになりました。懐かしい歌を聴きながらパソコンで久しぶりに自分が撮ったプロレスの写真を見ていたらプロレスの楽しさや面白さやプロレスラーのかっこよさを思い出しました。プロレスの素晴らしさを。毎日育児をしていてちょっと忘れてしまっていたようで。そんなわけでプロレスが始まることが嬉しくて楽しみで仕方なくて今一人で舞い上がった気分なのです。1歳の娘がいるのでネットの生中継を観れるかどうか分かりませんが、大好きな選手たちがまたプロレスをやってくれることが嬉しいのです。そんなわけで写真は大好きな飯伏幸太選手の後ろ姿です。美しい後ろ姿ですね。ニュージャパンカップ頑張って下さいね!

後ろ姿


新日本プロレスSANADA選手の後ろ姿です。鍛え上げたプロレスラーの身体は素晴らしいですが、後ろ姿もまた素晴らしく見惚れてしまいます。

塩おにぎりとパレハ


今朝は小さい塩おにぎりを食べました。友人が作った無農薬のお米といつものお塩のマッチングが素晴らしく美味しいのです。大満足です。写真は新日本プロレスのユニット「ロスインゴベルナブレスデハポン」の選手たちです。右からSANADA選手、BUSHI選手、内藤哲也選手、そして両国大会からパレハ(仲間)として加入した鷹木信悟選手です。今一番人気のあるこのロスインゴ。これからどうなるのか楽しみです。

プロレスを撮ってみた


先日プロレス撮影用に購入した望遠レンズを使って撮りました。オリンパス40-150ミリのレンズで実質的80-300ミリになるはずです。両国国技館の2階席少し前側で撮ってこんな感じです。やはりブレることもありましたが充分使えるレンズです。後楽園ホールなら近いしいい感じに撮れるかしらね。写真は皆様ご存知ですよね、私の大好きな飯伏幸太選手です。相変わらず素敵な身体です。

昨日の両国大会


昨日は新日本プロレス両国大会を観戦に行きました。必ず何かが起こると思っていたので是非現場でこの目で見なくてはと思いまして。色々と事件は起きたんですけど1試合ノーコンテスト(無効試合)がありました。ある選手が入場時に対戦相手ではない別の選手に襲撃されて試合ができない状態になりノーコンテストで終わりました。試合が終わってからの襲撃ならまだしも、試合前ってねぇ。この試合を楽しみに来場されたお客様もいるのになぁと考えると残念で仕方ありません。それでこそプロレスって思う人もいるかもしれませんけどね、私はちょっと違うと思いましたよ。対戦カードで発表したらなきちんと試合はやってほしいです。新日本プロレスという団体は大好きだからこそいいます。もしも私が観たくて観たくて仕方ない試合がノーコンテストになったら発狂しちゃうんだから。